Webむろみん 室蘭民報電子版

2021年12月5日(日曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(室蘭)
  3. 室蘭市カントリーサイン3案公表 市民投票スタート、来月12日まで
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】生活編
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】防災編
写真:むろみんデジタルムービー(むろみんスポーツLIVE)へ
写真:おくやみ広告

2021/11/25 05:30室蘭

室蘭市カントリーサイン3案公表 市民投票スタート、来月12日まで

記事写真メイン

(左から)1案、2案、3案

 室蘭市は、市町村の境界の道路沿いに設置されているカントリーサイン(市町村案内標識)を刷新するため、新しい案を3パターン作り、25日から市民投票の受け付けを市ホームページなどでスタートする。いずれも室蘭のシンボルである白鳥大橋と室蘭やきとりをあしらったデザイン。投票期間は12月12日まで。

 開港150年・市制施行100年の節目を来年に控え、市内の中学生委員20人を含むまちのデザイン会議(事務局・室蘭市)が、室蘭の魅力を内外にアピールする取り組みの一環だ。委員が話し合い、室蘭の特色は「海、産業、山のバランスが良い」となり、室蘭の色は「海、空の青」「自然豊かな緑」「夕陽や食べ物のオレンジ」にまとまった。今春行った市民アンケートで選ばれた室蘭のシンボルは、白鳥大橋、室蘭やきとり、地球岬だった。

 これら結果を踏まえ、室蘭のイメージを図案化したブランドマーク案を9月に市民投票し、白鳥大橋、室蘭やきとり、地球岬をシンプルにデザインした案に決まった。ブランドマークの表現をモチーフにしたカントリーサイン案は、手前に室蘭やきとりを配置し、奥に白鳥大橋、空や水平線を描いている。配置や角度の異なるデザイン3案のうちどれが良いか、市ホームページに加え、公共施設や大型スーパーに設置する投票用紙で市民から投票を受け付ける。年内に採用するデザインを発表する。

 1991年(平成3年)から使用している現在のカントリーサインは、市マスコット「くじらん」とサッカーボールで表現。国道や高速道路の市境5カ所に設置しており、国の認可を経て市は来年8月ごろまでに新しいデザインに変える。

 青山剛市長は「市民が身近に感じている室蘭の特色を盛り込み、車に乗っていて一瞬で目に入るデザイン。どれも素晴らしい」と投票を呼び掛ける。カントリーサインのシンボルを30年間務めているくじらんは、市民になじんだ室蘭のキャラクターとして「引き続き、さまざまな形で活用する」と話している。

 問い合わせは市企画課 電話0143・25局2181番。

記事写真1

インターネット投票用のQRコード

あなたにおすすめのニュース

写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:カードローンおすすめ比較隊
写真:北海道でパーソナルジムを探すなら QOOL
写真:共同通信社
写真:日本新聞協会
写真:47NEWS
写真:北海道ニュースリンク