Webむろみん 室蘭民報電子版

2020年5月29日(金曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(登別)
  3. 道南バスがウポポイラインを走る車両を市関係者にお披露目
写真:飲食店ガイド 室蘭市内編
写真:飲食店ガイド 伊逹市内編
写真:飲食店ガイド 登別市内編

2020/05/22 21:40登別

道南バスがウポポイラインを走る車両を市関係者にお披露目

記事写真メイン

ウポポイラインで活用される車両と(右から)長谷川社長、小笠原市長

 道南バス(本社室蘭、長谷川義郎代表取締役社長)は22日、登別温泉と民族共生象徴空間ウポポイ(白老)、新千歳空港を結ぶ都市間バス・ウポポイラインを走る車両を、登別市関係者にお披露目した。

 ウポポイラインの運行は、アイヌ政策推進交付金を活用したアイヌ政策推進事業の一環。

 車体には、登別を大きくPRしたデザインを採用している。「進め!次の50年へ。」「いざっ登別」の文字を大きく記して地元をアピールしている。市制施行50周年のロゴマークも加えている。「地獄の谷の鬼花火」やアイヌ民族の古式舞踊をあしらった登別市・白老町観光連絡協議会のポスターデザインも取り入れている。

 ウポポイラインは当初4月24日に運行開始予定だったが、ウポポイの開設延期に伴い、現在は運行がストップしている。同社によると、6月からは室蘭-札幌間を走るバスとして活用。ウポポイのオープンに合わせて車両をシフトするという。

 車内は52人乗り。USBポートなどのほか、運転手に万一急病が発生した際に対応できるよう、客席に非常用のボタンを設置。押すと自動的にブレーキがかかり減速するという。今後Wi-Fiも整備される計画。

 長谷川社長は「新型コロナウイルスで暗い話題が続く中、バスを運行させることで地域貢献を図り、地域が元気になるきっかけをつくりたい」と話した。小笠原春一市長は「登別や白老のPRになる。素晴らしいバスです」と期待を寄せた。

  • 写真:きょうの紙面
  • 写真:おくやみ
  • 写真:コラム・論説
  • 写真:むろみん紙面講読
  • 写真:FMびゅー
  • 写真:読者投稿
  • 写真:フォトサービス
  • 写真:つり欄
  • 写真:就職ガイド
  • 写真:広告掲載のご案内
  • 写真:折込・エリアに関するご案内
  • 写真:予告・いぶりばでぃ6月号
  • 写真:西いぶり飲食店ガイド
  • 写真:道民共済
  • お天気情報
  • 伊達市
  • 室蘭市
  • 登別市

人口と世帯

2020年4月末 現在

室蘭市

82,274人(+107人)

45,441世帯(+233世帯)

登別市

47,208人(+32人)

24,678世帯(+110世帯)

伊達市

33,686人(+30人)

17,910世帯(+79世帯)

( )は前月比

JavaScriptを有効にしてください
写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:北海道ニュースリンク
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会