Webむろみん 室蘭民報電子版

2021年10月18日(月曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(伊達)
  3. びっくり、大ナメクジ 外来種、通常の10倍
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】生活編
写真:むろみん便利帳 暮らしガイド 【西胆振】防災編
写真:おくやみ広告

2021/10/09 07:20伊達

びっくり、大ナメクジ 外来種、通常の10倍

記事写真メイン

伊達市錦町で発見されたマダラコウラナメクジ

 伊達市内で外来種のマダラコウラナメクジが見つかった。ヨーロッパ原産で、札幌市の市街地、円山公園や旭山記念公園で爆発的に増えているという。北海道エコ・動物自然専門学校の講師、長谷川雅広さんは「人為的な二次拡散を起こさないように。毒はないが、ウイルスや寄生虫などの宿主となっているため素手で触らないように」と注意を呼び掛けている。

 マダラコウラナメクジは、ヒョウ柄の模様が特徴で、頭部につなぎ目がある。体長10~15センチ。通常のナメクジの約10倍の大きさまで成長する。動物の腐肉から昆虫の死骸、植物まで何でも食べる。

 伊達市内では被害は出ておらず、伊達市農務課では特別駆除は必要ないとしているが、「今後農作物などへの被害が出た場合は対応を検討する」としている。

 同市錦町の団体職員・船田辰雄さんが、盆栽の鉢の下にいたのを発見した。「こんなに大きいのは見たことない」と驚いている。

 長谷川さんは「とにかく数が増えるので、錦町周辺の町でも既に増えているだろう」と予測している。

あなたにおすすめのニュース

写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:カードローンおすすめ比較隊
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会
写真:北海道ニュースリンク