Webむろみん 室蘭民報電子版

2020年5月29日(金曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(室蘭)
  3. 脩武會が「テレワーク空手」を開始 個人レッスンのようで門下生ら意欲湧く
写真:飲食店ガイド 室蘭市内編
写真:飲食店ガイド 伊逹市内編
写真:飲食店ガイド 登別市内編

2020/05/22 20:40室蘭

脩武會が「テレワーク空手」を開始 個人レッスンのようで門下生ら意欲湧く

記事写真メイン

室蘭・脩武會が取り組んでいるオンラインを通じた空手の稽古

 室蘭空手道連盟・脩武會(樋口昭仁代表)はこのほど、オンラインで自宅に居ながら空手の指導が受けられる「テレワーク空手」を開始した。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続くが、門下生が自宅で練習できるようにと、形などの動画を配信している。

 オンライン稽古には、動画投稿サイトのユーチューブや無料通信アプリLINE(ライン)を活用。ユーチューブには、ストレッチや筋力トレーニング、形、蹴りなど、それぞれ8分ほどにまとめた動画を掲載。自宅で学んだ門下生がLINEで自分の動画を投稿し、樋口代表がチェックしてアドバイスを返信している。

 ほかにもLINEのグループ配信機能を使い、スマートフォンのモニターを通じて稽古を実施。自宅だと緊張感が欠如しがちだが、門下生同士の顔が見えるため、道場での稽古に近い感覚があるという。

 道場では組み手など対面が基本。人数を制限し、密集などを回避しても感染リスクがあるため、4月から閉鎖を余儀なくされた。自宅で練習するしかないが「小学生は相当なモチベーションがないと続けるのはとても難しい」(樋口代表)。外出自粛の長期化も予想されたことから、なんとか自宅で稽古ができないか模索した。

 門下生や保護者からは好評で「動画を送るとアドバイスをもらえる。個人レッスンのようで意欲が湧いてきた」「先生やみんなの顔が見えるため、子どもがダラダラしなくなった」との声が聞かれるという。樋口代表は「精神的にもきついだろうが、オンライン稽古を通じ一緒に乗り越えていきたい」と拳を握った。

  • 写真:きょうの紙面
  • 写真:おくやみ
  • 写真:コラム・論説
  • 写真:むろみん紙面講読
  • 写真:FMびゅー
  • 写真:読者投稿
  • 写真:フォトサービス
  • 写真:つり欄
  • 写真:就職ガイド
  • 写真:広告掲載のご案内
  • 写真:折込・エリアに関するご案内
  • 写真:予告・いぶりばでぃ6月号
  • 写真:西いぶり飲食店ガイド
  • 写真:道民共済
  • お天気情報
  • 伊達市
  • 室蘭市
  • 登別市

人口と世帯

2020年4月末 現在

室蘭市

82,274人(+107人)

45,441世帯(+233世帯)

登別市

47,208人(+32人)

24,678世帯(+110世帯)

伊達市

33,686人(+30人)

17,910世帯(+79世帯)

( )は前月比

JavaScriptを有効にしてください
写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:北海道ニュースリンク
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会