Webむろみん 室蘭民報電子版

2020年5月29日(金曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(胆振西部)
  3. 虻田神社が新型コロナの収束願い「茅の輪」を設置
写真:飲食店ガイド 室蘭市内編
写真:飲食店ガイド 伊逹市内編
写真:飲食店ガイド 登別市内編

2020/05/22 20:20胆振西部

虻田神社が新型コロナの収束願い「茅の輪」を設置

記事写真メイン

新型コロナ収束を願い、設置された茅の輪

 洞爺湖町青葉町にある虻田神社(野々村国男宮司)は、新型コロナウイルス感染拡大の早期収束を願い、疫病退散や無病息災を祈る茅(ち)の輪を設置した。例年、6月末の「夏越(なごし)の大祓(おおはらい)式」に合わせて設置するが、新型コロナ感染拡大を受け、時期を早めた。

 同神社によると、「大祓式」は半年間の罪やけがれをはらい清めるため、毎年6月と12月の末日に行われる古来からの儀式で、「古事記」や「日本書紀」に記述がある。6月30日の「夏越の大祓式」は、チガヤで作った茅の輪をくぐる神事も行われる。

 茅の輪は、神話「蘇民将来(そみんしょうらい)」にちなみ、チガヤでできた小さな輪を腰に着けていたが、江戸時代から現在の形に変化していった。

 今年は今月上旬に第2鳥居に設けた。直径2メートルほど。素材は時期が早いため、チガヤの代わりに稲わらを利用。輪の前で一礼し、左、右、左の順に8の字を描くように3回くぐった後、参拝する。

 野々村宮司は「薬がない時代は茅の輪で病が拡散しないように祈っていました。皆さまの心のよりどころになればと思い、新型コロナの一日も早い収束を願っております」と話した。

  • 写真:きょうの紙面
  • 写真:おくやみ
  • 写真:コラム・論説
  • 写真:むろみん紙面講読
  • 写真:FMびゅー
  • 写真:読者投稿
  • 写真:フォトサービス
  • 写真:つり欄
  • 写真:就職ガイド
  • 写真:広告掲載のご案内
  • 写真:折込・エリアに関するご案内
  • 写真:予告・いぶりばでぃ6月号
  • 写真:西いぶり飲食店ガイド
  • 写真:道民共済
  • お天気情報
  • 伊達市
  • 室蘭市
  • 登別市

人口と世帯

2020年4月末 現在

室蘭市

82,274人(+107人)

45,441世帯(+233世帯)

登別市

47,208人(+32人)

24,678世帯(+110世帯)

伊達市

33,686人(+30人)

17,910世帯(+79世帯)

( )は前月比

JavaScriptを有効にしてください
写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:北海道ニュースリンク
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会