2023年1月29日(日曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(大雪情報)
  3. 〈動画〉今季一番の寒気で冷え込み 太平洋側平地も大雪恐れ
写真:「NEXT100」への挑戦【室蘭商工会議所新体制特集】
写真:おくやみ広告
写真:退職代行OITOMA

2023/01/24 13:40大雪情報

〈動画〉今季一番の寒気で冷え込み 太平洋側平地も大雪恐れ

記事写真メイン

歩道に積もった雪をかく人=24日午前10時25分、青森市

◆―― 交通障害に警戒、欠航も
 日本列島は24日、今季一番の寒気が流れ込んで冷え込み、北日本から西日本の日本海側を中心に雪が降った。強い冬型の気圧配置となり、夕方から25日にかけて広い範囲で降雪が強まる見通しで、欠航が出るなど空の便にも影響した。太平洋側の平地でも大雪になる恐れがあり、気象庁は、路面凍結による交通障害や暴風雪、高波に警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、北海道付近と日本の南の低気圧が発達。日本付近の上空約5千メートルには北日本から東日本で氷点下42度以下、西日本で氷点下36度以下の今季最強の寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。強い冬型の気圧配置は26日にかけて続く。

 全国的に気温が下がり、10年に1度ほどの低温となる地域もあるとみられ、東京や大阪などで降雪する可能性がある。水道管の凍結や凍った路面での転倒への注意も必要だ。

 全日空と日航は24日、日本海側の空港を発着する便を中心に計120便以上の欠航を決めた。

 朝から小雨が降った鹿児島市。雪に変わる恐れもあり、出勤中の女性会社員(47)は「夜帰れるか心配」と話した。雪が舞う青森市のJR青森駅前では、盛岡市から出張で来た男性会社員(43)が「予想外の通行止めなどに気をつけ、早めに行動したい」と寒さで体を震わせた。

 福岡市と鹿児島市では昼ごろにかけて気温が下がり、降雪も観測された。根室市では、厚床の観測点で観測史上1位を更新する34・8メートルの最大瞬間風速を記録した。

 25日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北陸90センチ、関東甲信と近畿、中国で70センチ、東北と東海で60センチ、北海道と九州北部で40センチ、四国で30センチ、九州南部で20センチ。
(共同通信社)

記事写真1

雪が降る富山市内を走る路面電車=24日午前

あなたにおすすめのニュース

写真:J-Nav不動産メディア
写真:ポケットwifiおすすめ人気ランキング
写真:シミ対策クリームおすすめ人気
写真:二重整形おすすめ人気ランキング
写真:退職代行OITOMA
写真:医療脱毛おすすめ人気ランキング
写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:共同通信社
写真:日本新聞協会
写真:47NEWS
写真:北海道ニュースリンク
写真:全身脱毛おすすめ人気ランキング