Webむろみん 室蘭民報電子版

2020年5月29日(金曜日)

  1. トップ
  2. むろみんホットニュース一覧(共同通信)
  3. 緊急事態、全面解除有力 25日、週末の数値見極め
写真:飲食店ガイド 室蘭市内編
写真:飲食店ガイド 伊逹市内編
写真:飲食店ガイド 登別市内編

2020/05/23 11:50共同通信

緊急事態、全面解除有力 25日、週末の数値見極め

記事写真メイン

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を継続している埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道について、政府内で25日の全面解除が有力となっていることが分かった。複数の関係者が22日、明らかにした。新規感染者数など週末の数値を見極め、専門家の意見を聞いた上で安倍晋三首相が総合的に判断する。

 政府は4月7日に初めて宣言を7都府県に発令した。その後、4月16日に全都道府県へ拡大し、5月4日に31日まで延長。14日に39県、21日に近畿3府県で解除し、残る5都道県で宣言が続いている。

 5月22日の東京都の新たな感染者は、宣言発令後で最も少ない3人だった。政府高官は「判断の方向性を決める数字だ」と述べ、解除は近いとの見方を示した。

 宣言解除の目安の一つとしている直近1週間の新規感染者数の合計が人口10万人当たり0・5人以下をクリアできていない北海道と神奈川県について、政府関係者は「感染経路は追うことができている」とし、空き病床数や検査体制の確保もめどが立ってきたと説明した。

 官邸筋は「10万人当たりの感染者数も重要だが、新たな感染者を制御できていれば基準を多少上回っていても解除は可能だ」と強調した。

 ただ、宣言を継続中の5都道県で24日までに新たなクラスター(感染者集団)が発生したり、感染経路を追うことができない感染者が増加したりすれば、25日の全面解除を見送る可能性もある。

 首相は21日、宣言期限の31日を待たず、25日に残る5都道県の解除の可否を判断する方針を示した。

  • 写真:きょうの紙面
  • 写真:おくやみ
  • 写真:コラム・論説
  • 写真:むろみん紙面講読
  • 写真:FMびゅー
  • 写真:読者投稿
  • 写真:フォトサービス
  • 写真:つり欄
  • 写真:就職ガイド
  • 写真:広告掲載のご案内
  • 写真:折込・エリアに関するご案内
  • 写真:予告・いぶりばでぃ6月号
  • 写真:西いぶり飲食店ガイド
  • 写真:道民共済
  • お天気情報
  • 伊達市
  • 室蘭市
  • 登別市

人口と世帯

2020年4月末 現在

室蘭市

82,274人(+107人)

45,441世帯(+233世帯)

登別市

47,208人(+32人)

24,678世帯(+110世帯)

伊達市

33,686人(+30人)

17,910世帯(+79世帯)

( )は前月比

JavaScriptを有効にしてください
写真:安全なおすすめドッグフード
写真:ナイトブラおすすめランキング
写真:北海道ニュースリンク
写真:共同通信社
写真:47NEWS
写真:日本新聞協会